包茎の方がなりやすい病気

サイトマップ

包茎の方がなりやすい病気とは

進行・悪化すると尿道狭窄となり排尿に支障をきたす場合があり、閉塞性乾燥性亀頭炎、
二次的包茎、癌になる確率が高くなります。
陰茎ガン陰茎に発生する比較的まれながんで、そのほとんどは亀頭に発症し、男性のがんの
少しにすぎませんが、統計的に包茎の人に多く発生する傾向があるのです。

それでも頻繁に亀頭包皮炎になる場合は包茎手術された方が良いでしょう。現在では30
種以上の原因微生物が知られています。尿道口に及ぶ場合、閉塞され排尿困難となります。
包茎だから必ずしもこれらのSTDに感染するわけではありませんが、統計的に性感染症の
治療に見られる方のその多くが包茎であることから、包茎は性感染症に感染し易いと
考えられます。
包皮の炎症が重症な場合は、環状切開など外科的処置(包茎手術)が必要となります。
包茎の場合その多くは亀頭と包皮の両方に炎症が発生する場合が多く亀頭包皮炎となります。

癌ではありませんが、治療しないとやがて癌になる場合があるのです。尿路感染症には
腎盂腎炎と膀胱炎があり、膀胱炎は、膀胱で感染がとどまっている状況をいい、
更に腎臓まで及ぶと腎盂腎炎となります。例外的に血液を介して腎盂に細菌が入る
ことがあるのですが、通常は尿の通る方向とは逆方向の、尿道口から浸入し、腎盂へ
向かっていきます。閉塞性乾燥性亀頭炎慢性的な炎症により、陰茎先端周辺の皮膚が白く
硬くなります。
亀頭包皮炎亀頭炎は亀頭に起こる炎症のことです。

常に清潔に保つ事が困難な場合やできない場合は、やはり感染確立が高くなるといえます。
ケーラー紅色肥厚症たいていは亀頭に生じ、赤みを帯びたビロードのようなめらかな
限局した病変で、通常環状切開を受けていない男性(包茎)に起こります。
外尿道口を開通させるための
尿道口切開や形成外科的修復手術が必要となることもあるのです。

包茎だとなりやすい病気亀頭包皮炎、閉塞性乾燥性亀頭炎、尿路感染症、陰茎ガン、
嵌頓包茎、ケーラー紅色肥厚症があるのです。

診察を受けることを恥ずかしく感じ易い場所であることや初期においては自覚症状が
乏しいために受診が遅れ、早期発見の機会を逃すことが多いので、わずかな自覚症状を
感じたらすぐに診察を受けることが大切です。

陰茎がんはそけい部リンパ節(大腿のつけ根の部分)に転移しやすく、進行した場合
そけい部のリンパ節に触れると硬くなっているのが確認できます。
包皮炎は包皮の炎症で、細菌による感染が包皮に生じたものです。

STDの感染予防として、特定のパートナー以外との性交渉を避ける事やコンドーム
を着用すること、性交渉後は、性器を洗浄することが重要です。
扁平上皮癌ともいい、陰茎部悪性腫瘍の一つで、乳頭状増殖型と潰瘍浸潤型の
2種類に分類されます。また、かゆみを伴う場合や、時に出血することもあるのです。
また、包茎の場合、亀頭粘膜が露茎と比較し弱い傾向にあり、傷つき易いため、
感染し易いとも言われています。

亀頭と包皮の間に蓄積された垢が炎症の原因となることがあるのです。
原因としては、包茎の内側と亀頭の間に恥垢が溜まる事によって感染し炎症が起こる
と考えられています。

細菌がこの尿路の中に入って増えた状態を尿路感染症と呼びます。尿道口を常に
清潔にする事によって、感染症を予防する事が出来ます。

包茎の場合は細菌を溜め込み易いため、これら尿路感染症を発症しやすく、
繰り返すような場合は包茎手術を検討する必要があるのです。

包茎と性病の関係梅毒、HIV感染症、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス 
淋菌感染症、尖圭コンジローマ、腟トリコモナス症、性器カンジダ症、
性器伝染性軟属腫、ケジラミ症、軟性下疳の性行為で伝染するすべての感染症を
総称して性感染症といいます。

自発痛や排尿時に痛みがあり、膿の分泌なども見られます。





「包茎の方がなりやすい病気とは」について

包茎の方がなりやすい病気